地鎮祭の意義や日取り

地鎮祭で施主が用意するものは?

施主が用意するものは依頼する神社さんや工務店によって変わってきます。よって代表的なものをここに挙げていきます。

玉串料or初穂料

ますが玉串料(たまぐしりょう)は必ず必要ですね。

神主さんへのお礼として捉えられていますが形の上では神様へ納めるお金です。玉串料のほかに初穂料(はつほりょう)ということもあります。

玉串とは

榊など常緑樹の枝に紙垂というギザギザの紙をつけた神様に捧げるものです。玉串料というのはここからきています。

初穂とは

その年に採れた一番初めの稲穂を神様に捧げることで感謝を申し上げていたことからきています。

金額に関しては神社さんによりけりです。3万~4万といったところが多いと思いますが神社さんによって違うのでよく確認しておきましょう。

ご祝儀用ののし袋に入れて準備しておきます。

ご祝儀袋の水引は紅白?結び切り?蝶結び?

お祝い事なのでご祝儀袋の水引は紅白や金銀といった御めでたいものにするのが一般的です。

水引は蝶結びか結び切り()かでいろいろ議論が交わされるところですが、

・蝶結び・・・何度あっても良いこと
・結び切り・・・一度きりにしたいこと

といった使い方をします。

仮にもう1回家を建て直すことになるとしたら

「家が壊れたから建て直すのだろうから1回きりにしたい」と捉えるのか
「家が建てられるほど懐に余裕があるってことだから何回あってもいい」と捉えるのかによって変わってきそうですね。

人によって言うことは違うので明確な答えはなさそうです。

実際のところ地鎮祭をやっている神主さんはそこまで気にしてないと思います。

包み方ですが大きな心配はありません、のし袋を買うとだいたい包み方の説明書きも一緒に入っているのでそれを見ながら包めば問題ないでしょう。

水引は印刷でもいいの?

のし袋の中には水引が印刷になっているものがあります。別段これでも問題はありませんが数百円足せば立派なものが買えるわけですし、せっかくの地鎮祭ですから立派なものを選ぶことをおすすめします。

お車代

神社によってはお車代が必要になることもあります。

玉串料だけで構わないところもありますがこれは神社さんによって違いますので確認しておきましょう。

お車代の指定が無いところでも用意しておくと喜ばれますが、心遣いなのでこれは施主側の気持ち次第です。

工務店さんが用意してくれそうなもの

ここからは工務店さん経由だと工務店さんが用意してくれそう(場合にもよりますが)な物を挙げていきます。

地鎮祭では祭壇の回りの四箇所に竹を立て、注連縄を張ります。

このときの竹を準備して欲しいといわれることがあります。

4本の竹を用意し下のほうは枝を落としておきます。

だいたい土地の中央かやや奥よりに一辺2m前後ぐらいで正方形になるように杭などを使いながら立てます。

祭壇は神棚と同じように基本的に南か東を向けて立てますので北か西が奥側になります。

注連縄

竹に結び付けて結界のようにします。ホームセンターとかで売られているわら縄で問題ありません。

北東は鬼門にあたるので北東の竹から注連縄を結びつけていき、ぐるりと一周させます。

鍬入れなどの行事を行うときの砂です。祭壇の右手前か左手前に円錐状に盛ります。量については細かい決まりはありませんが、大きく盛ったほうが立派でいいかもしれませんね。

鎌・鍬・鋤(スコップ)

地鎮祭のときだけに行う地鎮の儀(とこしずめのぎ・じちんのぎ)という行事で使います。

神事用に全て木製で刃が付いていないものがあったりしますが、準備を求められた場合は本物でも構いません。

持ち手の部分には半紙など白い紙を巻きつけ、水引を結ぶと立派です。

祭壇や三方

これがなくてははじまりませんね。

さすがに神社さんで準備してくれるケースが多いと思いますが中には祭壇も準備して欲しいという神社さんがあるかもしれません。

大きな工務店さんなら中には祭壇のセットを一式持っているところもあるかもしれませんが自分で準備する場合はダスキンなどの地鎮祭用品レンタルに頼んで一式用意してもらうぐらいしか方法が思いつきませんね・・・

手水の道具

丁寧なところだと手水(てみず)といって式の前に手を清めることを行う場合があります。

この際は、水を入れておくための木桶・柄杓・水を受けるための桶とそこに入れる杉などの葉っぱが必要になります。

手水は行わない神社さんも多いでしょうし無くても問題ありませんが、あればあったで身が引き締まる思いがするでしょう。

施主側が用意することになりそうなもの

ここからは工務店さんが用意してくれるかもしれないけど施主側で用意することになりそうなものを挙げていきます。

お供え物

お米

洗米を用意すると丁寧です。お米の量は神社さんによって違うと思います。

お酒

瓶子(へいし)というお酒用の入れ物に入れる用のものを準備します。

これ以外に一升瓶にのしをつけて用意しておくと祭壇が立派になりますね。のしには「奉献」と書きます。

魚・野菜・果物など海山野の幸

魚は鯛が一般的ですが「生ものはちょっと・・・」という場合は昆布や鰹節などの乾物で代用することもあります。

野菜の種類は特にしていはありません。その季節に手に入りやすいもので問題ないでしょう。野菜を育てている人は自分で作った野菜をお供えしてもいいと思います。

果物も特に決まりはありません。りんごやオレンジなどを準備します。

塩もどのくらい用意するかは神社さんによりますが、料理に使う一般的な塩で問題ありません。

水も普通の水道水で問題ありません。ミネラルウォーターでも良いですが。

乾杯用のコップ

式が終了したあとに神様にお供えしたお酒を関係者一同で飲む行事である直会(なおらい)の際に使います。

かわらけを用意すると雰囲気が出ますが準備できなければコップでも大丈夫でしょう。

全ては工務店さんや神社さんによる

といったわけで地鎮祭に必要になりそうなものを列挙してみました。

ですが、神社さんによって地鎮祭のやり方は微妙に違いますし、準備するものも変わってきます。

地鎮祭に慣れていてよく地鎮祭を行っている神社さんは玉串料を準備するだけで良かたりしますし、工務店さん経由で依頼するときは工務店さんがいろいろ準備してくれることもあります。

逆に地鎮祭をあまり行っていない神社さんだと多くのものを準備することになる可能性があります。

地鎮祭を依頼する神社さんが決まったら、神社さんや工務店さんとよく打ち合わせをして

誰が・何を・いつまでに準備するのか

をよく決めておくことが大切だと思われます。

↑ ページの上部へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • 神棚の人気ランキング
  • ↑ PAGE TOP