神棚の位置と方角

神棚の祀り方、置き方はどのようにしたら良いのか。位置や方角。

神棚の祀り方ですが、基本的に方角を南か東を向くようにお祀りします。

神棚の方角

上の図のように北か西側の壁に神棚を設置すると神棚が南か東を向くようになります。

住宅の構造上、家がきっちり南を向いているわけではない方もいらっしゃると思いますが、その場合はお部屋の壁に合わせて設置して、南か東に近い方角を向くように設置すれば問題ありません。

その他の点については

・明るくて清浄な場所にお祀りする。

・家族が集まる部屋にお祀りし、寝室にはお祀りしない。

・風呂場やトイレなどの付近には設置しない。

といった点に注意すればよいかと思います。

もし、どうしてもその場所にしかお祀り出来ない場合は仕方がありませんので、毎日清浄を心がけてお祀りしてください。

なかなか全ての条件が完璧な家などは無いものです。まずは神様に対する崇敬の念をこめて神棚をお祀りすることが大切です。(逆に条件を整えてもそれっきりで神棚へのお参りをしないといったことはよくありません。)

会社や事務所でも同様にお祀りすると良いかと思います。

お札の並べ方について

お札の並べ方についてですが、重ねて祀る方法と並べて祀る方法があります。

お持ちの神棚に合わせて祀っていただければと思います。

まず、神棚が一社造(お札を収める場所は一箇所)の場合は重ねてお祀りします。

お札の並べ方一社造

上記のように一番上に神宮大麻(じんぐうたいまと読みます。伊勢神宮さんのお札ですが全国の神社で受けることができます。)

次に氏神神社(お住まいの地域を守ってくださる地元の神様のことです。)

そして崇敬神社(ご自分が崇敬している神社さんです。)

この順番で重ねて神棚の中に収めます。

もし、お札が1体だけだという方は1体だけ収めれば問題ありません。

 

次に三社造(お札を収める場所が三箇所ある)の場合は

お札の並べ方三社造

このように中央に神宮大麻、向かって右側に氏神神社。左側に崇敬神社のお札をお祀りします。

無理してお札を3体揃える必要はありません。まずは地元の神様でも天照様でも、崇敬の念をもってお祀りすることが大切です。

神社のご祈祷でいただいた少し大きめのお札はどのようにお祀りするか

神社2

神社で厄払いや、安産、七五三などのご祈願をしたときにお札をいただくことってありますよね。

お札はだいたい大きなものなので神棚に入らないし、どうやってお祀りしたらいいかよくわからない。なんてことはありませんか?

こうしたお札は神棚の横に立てかけるようにお祀りすれば大丈夫です。神棚にお祀りして他の氏神様のお札などと一緒にお祈りできるようにしておきましょう。

神棚が無ければ、南か東を向くように自分の目線よりも高いところにお祀りします。お日様の日が当たる明るい清浄な場所にということですね。このあたりは神宮大麻や氏神様のお札と一緒ですね。

普段神棚にお参りする際に、普段の感謝を申し上げたあと、「厄払い」や「合格祈願」などそれぞれのご祈願をされると良いかと思います。

また、こうしたお札も1年間経ちましたら神社にお納めしましょう。また、1年経っていなくても祈願が成就したのちにお礼参りを兼ねて納めに行くのもいいかもしれません。きちんとお札をお戻しして感謝を申し上げることも大切です。

「神社でお札をいただいたにはいいけど、どうしたらいいか分からないから袋に入れたままにしてある。」なんてことのほうがよくありませんので、お札をいただいたらまず棚の上など高いところに南か東を向けてお祀りする。といったことだけでも覚えておきましょう。

↑ ページの上部へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • 神棚の人気ランキング
  • ↑ PAGE TOP