神棚と仏壇の位置について

神棚と仏壇は同じ部屋に設置してはいけないのか?

まず、神棚と仏壇を同じ部屋に設置しても良いかどうかなのですが、この点に関しては問題ありません。

昔は神仏習合(しんぶつしゅうごう)といって神様と仏様を一緒に考え、敬ってきましたし、神様とご先祖様はともに尊いものですから良い部屋にお祀りしようとすると一緒の部屋になることもあるでしょう。

どちらも敬う心を持って日々を過ごせば同じ部屋でも構いません。

向きについて

向きについてはいろいろと考え方があるでしょうが

神棚と仏壇を向かい合わせにしてはいけません

理由は、どちらかにお参りする時にもう片方に背を向けてしまうことになるからです。

住宅事情で止むを得ない時以外は避けるようにしたほうが良いと思います。

神棚の向きに関しては南か東(太陽の光が当たる清浄な場所)

仏壇に関しては南向きだったり、拝む向きの延長に本山がくるようにしたり、浄土は西方にあるという西方浄土説から東向きにして西に向かって拝んだり、どの方向にも仏様はいらっしゃるからどの方向でもよいという説があったりいろいろなようです。

仏壇に関してはお寺さんで聞いてみたほうがよいかもしれません。

 

神棚と仏壇の位置関係についてはL字型にお祀りするか、並べてお祀りするのが良いようです。

並べてお祀りするときは神棚を部屋の中心に、仏壇を脇にするそうです。(逆だと凶相なのだとか)

また、上に神棚下に仏壇というお祀りのしかたがあるのですが、これに関してはやってはいけないという意見もあります。これに関しては意見が分かれるところです。

御霊舎

皆さんはご先祖様というと仏壇を思い浮かべるかもしれませんが、神葬祭(しんそうさい)という神式のご葬儀もあり、仏教の仏壇にあたる御霊舎(みたまや)というものにご先祖様をお祀りします。

この御霊舎ですが、もともとは霊璽(仏教で言う位牌)だけお祀りしていたところ、もっときちんと尾ご先祖様をお祀りしたいという要望に応えて、昭和50年頃、民俗工芸さんという会社さんが製作したのがはじまりのようです。

上は神棚、その下に御霊舎といったセットになったものもあるようです。

↑ ページの上部へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • 神棚の人気ランキング
  • ↑ PAGE TOP