神棚はいつ取り替えるのか

神棚の交換時期、取替え時期について

お札やお守りについては新しくする時期についてよく触れられていますが、神棚の交換についてはあまり書かれているところは無いのではないでしょうか。

そこで神棚の交換時期について考えてみました。

時期に決まりはあるの?

神棚の交換については明確に決まりがあるわけではありません。

ではどういった時期に取替えたらよいのでしょうか。

1.神棚を見てみて、汚れていたり、壊れている場合。
これは当然ですね。お札は清浄な場所にお祀りするものですので神棚が汚れていたり壊れている場合は交換するのが望ましいです。

2.神棚が古くなってきた場合。
神棚は木でできていますから年を経るとともに色が変わってきますよね。あまりにも色が変わってきたら交換しましょう。伊勢神宮では式年遷宮と言って20年に1度社殿やご神宝を新しくする行事が行われています。20年を目安に交換するのも良いかもしれません。

3.新築、改築など。
家を新しくした際や改築などを気に新しくするのも一つです。家を新しくした際は神棚も新しくして神様をお迎えしましょう。

4.開業、移転など心機一転の際。
生活の中で何か新しいことを始める際、また新たな環境に身を移した際、さらなるご加護をいただけるように神棚を新しくするのもひとつです。以前よりも少し立派な神棚にするとより良いかもしれません。

ただ、これらは必ずしなければならないよいうわけではありませんので(1番の場合は取替えるべきだとは思います。)お家の状況に応じて取替えていきましょう。

どんな神棚に交換したらいいの?

家の発展や事業の発展を祈って、これまでの神棚よりも大きな神棚にすることが良いといわれています。(神棚を大きくすることで更なる拡大や発展になるという考え方)ただ、もし何らかの事情で神棚を立派な物にできない場合はそれでも構わないと個人的には考えています。(もちろん立派な神棚にするに越したことはありませんが。)

神様に祈りを捧げることが大切ですので、環境が変わっても継続して神様をお祀りすることが大切です。

神棚はどのように新しくするか

神棚を新しくする手順

1.お札を外に取り出す
お札を神棚の外に取り出します。他の清浄な場所に置いておきましょう。半紙などを敷いておいて、一時的にそちらにお祀りするのも良いかもしれません。
ちょうど1年経つお札でしたらそのまま神社に納めると良いと思います。

2.古い神棚の清掃を行う
これまでの感謝の気持ちを込めて神棚の清掃を行います。

3.神社に納める
神社に古い神棚を納めます。お焚き上げ料を一緒にお納めしましょう。細かい点は神社によって違うので、納めるお金など事前に確認してから神社に持っていくと確実です。

4.新しい神棚を設置し、お札をお祀りする。
以前とかわらず感謝の気持ちを持ってお祀りしましょう。

これ以外にお祓いをしてもらってから神棚を新しくする方法があります。

古い神棚と新しい神棚を両方持っていくのか
神社で行うのか自宅で行うのか

など神社によっていろいろやり方があると思いますので事前に神社さんに確認しておいてからお願いするのが良いと思います。

↑ ページの上部へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • 神棚の人気ランキング
  • ↑ PAGE TOP