お札の祀り方やいろんな神棚の紹介をしていきます。

身内に不幸があった際は神棚はどうしたらよい?

神棚半紙

身内に不幸があったときに神棚のお祀りをどうしたらよいのか気になるところですよね。

身内に不幸があった際は神棚に半紙などの白い紙を貼ってお祀りするのを遠慮します。神棚封じと言ったりするようです。

そんな時に気になるのがどのくらいの期間神棚のお祀りを慎んだらいいのかということですよね。神棚に半紙を貼っておいたはいいけどいつはがしたらいいのかわからない・・・なんて話もよく聞きます。

いったい何日間ぐらいなのでしょうか・・・

その期間は最大で50日間です。

地域にもよるようですが、1親等の方に不幸があった場合は50日、2親等の方は30日、3親等の方は10日といった具合に、親密度によって期間が変わってきます。(配偶者の父や母といった場合は1親等でも1段階繰り下げて考える方法もあります。)

身近な人ほど長い期間慎むようになっていますね。

この際は神社へのお参りも避け、忌が明けてからお参りをしたり、お札を受けたりしましょう。

どうしてもお祝い事やお祭りごとに参加しないといけなくなった場合は地元の神主さんがいらっしゃる神社に連絡をして、お祓いを受けると良いと思います。

これが大まかな目安ですが、地域によって考え方が違いますので、地元のしきたりや風習があればそれに従うのが良いと思います。

期間の決め方について

これは余談ですので参考までに聞いていただきたいのですが、喪に服す期間、お祀りを慎む期間というのは故人を悼み、悲しむ期間であるという考え方があります。

親戚の方が亡くなった場合は自分自身も落ち込み気力が失われます(気が枯れる→穢れ といった考え方があります。)そういった落ち込んだ気持ちから回復する期間が喪に服する期間、神棚のお祀りを遠慮する期間というわけです。

気持ちの切り替えができて普段の生活に戻ることができるのなら神棚のお祀りをして、逆に日数が過ぎてもまだ普段の生活に戻ることができないというのであればお祀りを遠慮するというのもひとつの考え方かもしれません。

ご参考までに。

↑ ページの上部へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • 神棚の人気ランキング
  • ↑ PAGE TOP