夏越の大祓にはどんな意味があるのか

夏越の大祓

6月30日、全国の神社では境内に茅の輪を設置してくぐり、無病息災を祈る行事が行われます。

夏越の大祓(なごしのおおはらえ)といいます。

ちなみに12月31日にも行われこちらは年越の大祓と言います。

この大祓や茅の輪にはどういった由来や意味があるのでしょうか。

夏越の大祓とは

夏越の大祓とは年始めからの半年間の間につもった罪穢(つみけがれ)を祓い清める儀式です。

罪穢とは毎日の暮らしの中で知らず知らずのうちに人を傷つけたり、良くないことに接するなどして身についてしまった諸々の事を指します。「気の枯れ」が穢に通ずるという人もいます。

人形(ひとがた)という人の形をした紙を自分の身代わりにして神社でお祓いしてもらったり、神主さんが切麻(きりぬさ)という四角い紙を撒いてお祓いしたりします。象徴的なのは茅の輪くぐりでしょうか。神社によって細かい点は違いますので地元の神社さんで尋ねてみるとよいでしょう。

茅の輪の由来と意味

茅の輪は『備前国風土記』に由来するといわれています。蘇民将来という人が武塔神((むとうのかみ)素盞鳴尊(すさのおのみこと)のこと)に宿を求められた際に貧乏な暮らしながらも厚いもてなしをしたことから武塔神は「茅で輪をつくって腰につければ病気にかからないだろう」とお教えになったそうです。

はじめは小さな輪だったようですが、これがだんだんと大きくなり茅の輪をくぐって穢れを祓うようになったといわれています。

茅の輪のくぐり方、作法

茅の輪のくぐり方ですが、三回くぐります。

1、左足からまたいで左回りに回って茅の輪の前に戻ってきます

2、今度は右足からまたいで右回りに回ってもとの位置に戻ります

3、再度左足からまたいで左回りに回って戻ってきます。

4、左足からまたいでまっすぐ進み、ご神前(いつもお参りするところ)まで進みます。

5、二拝、二拍手、一拝の作法でお参りします。

別段これ以外のくぐり方をしても悪いことが起こるわけではありませんが、こうした作法があるということで覚えておくとよいかもしれません。

↑ ページの上部へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • 神棚の人気ランキング
  • ↑ PAGE TOP