おみくじの順番は?

神社のおみくじの順位

おみくじ

神社にお参りをしたら、引きたくなるのがおみくじですよね。

でも、「大吉が一番よくて大凶が一番悪いのはわかるんだけど他の順位はどうなんだろう?」

なんて思ったことはありませんか。

おみくじの順番についてはいろいろ解釈があり、一定では無いのですが、2つ例をあげてみたいと思います。

1・大吉ー吉ー中吉ー小吉ー末吉ー凶ー大凶

2・大吉ー中吉ー小吉ー吉ー末吉ー凶ー大凶

このように中吉の解釈について判断が分かれることが多いようです。吉が大吉の次に来るのか、中吉が大吉の次に来るのかといった違いですね。個人的には大吉ー吉という順番が多いような気がします。

神社本庁のおみくじについての解説ページには大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶と書かれています。(ただ、これが順番だとは書かれていませんが)

おみくじは凶や大凶が入っていない神社もある

おみくじ

実はおみくじに凶や大凶を入れていない神社もあります。

参拝者がおみくじを引いて大凶が出たりするとがっかりするからでしょうか。

逆に大凶まで入っている神社、凶まで入っている神社などもあります。

毎年お参りしている神社で凶を引いたことが無いという人は、お参りしている神社のおみくじに凶が入っていないのかも!?

おみくじの意味

おみくじは何か物事などをはじめるにあたって神様をお言葉を聞き、そのお言葉を元に物事に一生懸命取り組むといった目的で引きます。引くときは自分の目的や目標を思い浮かべながら引くと良いかもしれません。

また、ただ単に吉や凶だからと言って一喜一憂するだけでなく、内容を読んでそのお言葉を普段の生活に活かしたり、ちょっとしたときに思い出して気をつけるようにすることが大切です。

おみくじは神社に結んで帰る?

おみくじを神社に結んで帰るかどうかについてはどちらでも構いません。

もし、良いことが書いてあればお守り代わりに持ち帰っても良いですし、悪いことが書いてあっても自分への戒めとして持ち帰り、普段から見返して気をつけるようにしてもOKです。

大吉、凶どちらも結んでも持ち帰っても問題ありません。保管する際はお財布に入れたり、すぐ見返せる身近な場所に保管しておくのが良いでしょう。

ちなみに神社の木に結んで帰るというのは木々の生命力にあやかって、祈願が成就するようにという説があるようです。
※神社さんによっては木が傷むから木に結ぶことを禁止している神社さんもあります。指定された場所がある場合はきちんとその場所におみくじを結ぶようにしましょう。

戸隠神社は神主さんがおみくじを引いてくれる!?

戸隠神社

普通は自分でおみくじを引きますが、長野県の戸隠神社では神主さんが祝詞を上げたあと、おみくじを引いて渡してくれます。

興味のある方は是非お参りしてみてください。

↑ ページの上部へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • 神棚の人気ランキング
  • ↑ PAGE TOP