神棚のお供えの種類と配置

神棚のお供えはどうしたらいい?

神棚のお供えですが「米、酒、塩、水」をお供えするのが一般的です。

なかなかそこまでできないという方は、「塩、水」だけでもかまいません。

毎日続けられる範囲でお供えし、継続することが大切です。

全国神社では毎月1日や15日に月次祭(つきなみさい)といったお祭りが行われますのでこれに合わせて、その日にお供え物を増やすのも良いでしょう。

家族の方のお祝い事や、節目の日にお供え物を増やすのも良いかと思います。

お供えの仕方の図解

状況によっていろいろなお供えの仕方がありますので参考までにご覧ください。

お供えの仕方

まず、一台の台や三方にすべてのお供え物をまとめる場合ですが、上記のような例が1例として挙げられます。

お米は神様にお供えする物の中で最上位の物なのでこういった形でお供えします。

備え方2

台のスペースが足りない場合は上記のようにお米を中央に持ってくるお供えの仕方もあります。

お酒が無い場合は中央奥に「お米」、手前右に「塩」、手前左に「水」といった形三角形になるようにお供えします。

供え方3

お供え物を横に並べる際はこのような並べ方があります。

お酒が無い場合は中央に「お米」右に「塩」左に「水」といった形でお供えします。

また、お供え物の左右に榊を立てるのも良いと思います。

神棚のお供えに使う道具

お供えは普通のコップやお皿でも悪いわけではありませんが、専用の物を用意すると見栄えが良いです。

米、塩はお皿に、お酒は瓶子という入れ物に、お水は水器(水玉)といった入れ物にいれてお供えします。榊たてに榊をさすとより見栄えがしますね。

こちらのセットはお米、お酒、塩、水、榊をお供えすることができます。

↑ ページの上部へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • 神棚の人気ランキング
  • ↑ PAGE TOP