節分の意味や由来

節分の日について

節分

神社で1年に行われるお祭りのなかで節分祭があります。

たいへん馴染みのあるこの節分ですがどういった意味があるのでしょうか。

節分は1年を24つに分けた二十四節気というものの「立春」の前日にあたる日とされています。

ちなみに節分の日は、実は1年間に4回あり、それぞれ立春、立夏、立秋、立冬の前日にあたります。

現在では立春の前日を指して節分どいうことがほとんどです。

立春の日は昔は1年のはじまりの日とされていたようで、この前日にあたる節分は大晦日的な要素を含んでいます。

この節分に合わせて全国の神社では節分祭を執り行い、また大きな神社では力士や有名人を招いて豆撒きが行われています。

節分の意味

季節の変わり目には邪気が生じると言われていて、それを追い払うという意味があるようです。

昔は宮中の行事でしたが、のちに庶民にも取り入れられ、だんだんと定着したようですね。炒った豆で鬼を追い払うようになったのは室町時代にあたりだとか。

ちなみに鬼に角があったり、トラの毛皮をしているのは、良くない方角とされる「鬼門」(北東)の方角は十二支だと丑(うし)と寅(とら)の方角にあたるからだそうです。牛の角やトラの毛皮から鬼のイメージが作り上げられたわけですね。

豆まきのやり方

掛け声は皆さんがよくご存知のように「鬼は外、福は内」ですが地域や神社によって違いがあり、鬼にまつわる神社などでは「鬼は内」というところもあるそうです。「鬼」が付く姓の多い地域もそうだととか。

豆まきのやり方

1・豆は炒った大豆で、一度神棚の前にお供えしたり、神棚が無ければ白い紙を敷いて高いところに置いておいてから撒きます。なぜ豆を撒くかというと「魔目(まめ)」を鬼にぶつけて魔を滅する「魔滅」に由来するようです。鬼に豆をぶつけることで邪気を祓い、無病息災を祈る意味があります。

2・夜に行います、鬼は夜にやってくると言われていますので夜に行うのが良いようです。あとは家族がきちんと揃ってからやったほうが良いでしょう。

3・まず、家長(一家の主)が豆を撒きます。年男や厄年の人が豆まきをするという風習もあります。家族で全員で撒くということになっている家も多いと思いますので家長に続いてみんなで撒くと良いでしょう。外に向かって「鬼は外」と豆を撒いたら鬼が戻ってこないようにすぐに窓や扉を閉めます。そのあと部屋の中は「福は内」と言って豆を撒きます。

(外に撒く回数と内に撒く回数ですが、地域によって様々で、これが正しい。これは間違っている。というものは無いようです。地域や内の風習に合わせると良いと思います。)

4・豆を撒いたら、撒かれた豆を自分の年齢(数え年)の数だけ食べます。こうすることによって体が丈夫になり病気をしないといわれています。

鰯やひいらぎについて

昔から鰯やひいらぎを用いる地域がありますが、これは臭いがきつい物やとがったものが魔を祓うとされてきたからです。玄関にひいらぎや焼いた鰯の頭を置いて鬼が入ってくるのを防ぐ習慣が生まれました。

↑ ページの上部へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • 神棚の人気ランキング
  • ↑ PAGE TOP