5社造りのお社はどんなふうにしてお札を並べるのでしょうか

5社の神棚の祀り方、お札の並べ方

いろんな神棚をチェックしていると1社タイプと3社タイプの他に5社の神棚もありますよね。

1社ならばお札を重ねてお祀りする。3社ならば、向かって真ん中に「お伊勢さん」右に「氏神様」左に「崇敬神社」のお札をお祀りする。といったことになりますが、5社の神棚はどのようにお祀りすればよいのでしょうか。

これはあまり難しく考える必要はありません。3社の神棚と同じようにお祀りして、空いている場所にも崇敬神社さんのお札をお祀りすれば良いのです。

「いろいろと崇敬している神社さんがあってお札を受けてきたい。」

「せっかくだから重ねずに並べてお札をお祀りしたい。」

という人にはぴったりの神棚かもしれません。

また、「いまはまだお札が3体しかないんだけれど・・・」という人も今あるお札をお祀りして、空いているところに後日受けてきたお札をお祀りすれば大丈夫です。

5社神棚並び順

ちなみに並び順は1を一番上座としてこういった順番になります。

一番中心の「1」にお伊勢さんのお札、「2」に氏神様のお札、3から5に順番に崇敬神社さんのお札をお祀りすると良いでしょう。

真ん中、右、左、右、左といっ順ですね。

神棚が立派だからといって、きちんと神様にお祈りをしていなければ意味がありませんが、5社の神棚をお祀りしているお家はなかなか無いと思いますので、もしこうした神棚をお祀りすれば、こちらのお家の人はすごく信心深いんだななんて思われるかもしれませんね。

↑ ページの上部へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • 神棚の人気ランキング
  • ↑ PAGE TOP