七五三の由来と意味は

七五三について

手水

お子様の成長過程における儀式の一つである七五三。

そんな七五三ですが、いざその時になってみるといろんな疑問が浮かんできますよね。

「年齢は満年齢でやったほうがいいの?それとも数え?」

「日にちは何日にやったほうがいいの?」

「どんな意味や由来があるの?」

そんな疑問についてちょっと考えてみました。

七五三の由来や起源

七五三の起源は平安時代と言われているそうです。(室町時代と言う人もいるようです。)

昔は子どもの死亡率が高く、七歳までは人としての命が定まっていない不安定な存在と考えられていました。神様の元と人間の世界をどちらでも行き来ができる存在であると考えられていたようです。

そこで命がしっかりと定まるように、健康であるようにと儀式を行ったのが七五三のはじまりと言われています。

ただ、当初は年齢に関しては定まっていなかったようです。

七五三の年齢について

七五三

現在のように七歳、五歳、三歳となったのは江戸時代からです。武家での節目の儀式が関係しており、

三歳になると「髪置(かみおき)」といって男女とも髪の毛を伸ばすように

五歳になると「袴着(はかまぎ)」といって男の子が袴を履くように

七歳になると「帯解(おびとき)」といって女の子が大人の帯を締めるように

といった節目の歳であったのでお祝いが行われるようになったそうです。

七五三はなぜ11月15日に行うのか

お城

七五三をな11月15日に行うかについては諸説あるようです。

一つ例を挙げておきます。

江戸時代に徳川五代将軍の綱吉が11月にわが子の髪置の儀を行おうとしたときのこと、よい日がみつからなかったので二十八宿という占星術などで用いられる方法で調べたところ、鬼宿日という吉日が15日にありました。よってこの日に儀式を行い、それ以降も袴着、帯解も同じ11月15日に行うように定めたそうです。

七五三は満年齢で行ったほうがいいの?それとも数え年?

昔は数え年で行っていましたから、数え年で行うのが昔にならったやり方であると思います。

ただ、現代を生きる我々にとっては満年齢のほうが当然馴染みがありますよね。七五三の意義と言うのは決まった年齢で行うというよりも小さい子の健やかな成長を願って行うものですのでどちらでも問題ありません。

お子様や家庭の都合に合わせてお参りしやすいときにお祝いを行うのが良いと思います。

七五三の日にちは11月15日でないといけない?

七五三の日にちも同様でどうしても15日に行わないといけないということはありません。

現代ではお休みの都合で11月15日前後の土日にお参りする方が多いようですね。

無理をして11月15日にお参りするよりも、時間に余裕を持ってお参りができ、しっかりと神様へ成長の報告とこれからの健康をお祈りできる日を選ぶのが良いでしょう。

どこの神社へお参りをするべきか

基本的には氏神様、つまり地元の神様のもとへお参りするのが良いでしょう。

しかし、普段は神主さんがいない神社であったり、決まった日時しか七五三を行っていなくて都合がつかない時もありますよね。

そんな時は少し大きな神社にお参りしてご祈願をしてもらったり、普段人がいない神社でもお参りだけするといった方法をとるとよいと思います。

千歳飴の意味

千歳飴はみなさんご存知のように棒状の長い形をしていますよね。

飴を作るときに引っ張って伸ばす工程があるので、そこから長生きできるようにという願いが込められているそうです。袋には鶴や亀が描かれていてそこにも縁起を担ぐ様子がうかがえますね。

起源にはこれも諸説あるようですが、江戸時代に飴売り七兵衛という人が浅草で売り始めたという説や大阪の平野甚左衛門という人が売り始めたという説があります。

地域によっては七五三のお祝いのお返しとして千歳飴を渡す風習もあるようです。

↑ ページの上部へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • 神棚の人気ランキング
  • ↑ PAGE TOP