御朱印についてと受けるときの注意点

御朱印とは?

御朱印帳

御朱印(ごしゅいん)とは神社やお寺などででいただける上記の写真のような墨書きに印を押したものです。参拝した証としていただくことができます。奉拝と神社名と日付を入れて印を押すのが一般的な形ですね。

もともとはお寺に写経を納めたときにその証として印を押していたそうですが、神社もその影響を受けて御朱印を行うようになったと言われています。

神社によっていろんな印や書き方があるので神社好きにとってはたいへん興味の沸くものかもしれません。

どこでいただけるの?

大きな神社さんになると御朱印専用の窓口があったりして案内も出ているのでわかりやすいのですが、案内が出ていなければ社務所や授与所(お守りやお札などを授けているところ)で聞いてみると良いでしょう。

「御朱印をいただきたいのですが。」と聞くと対応していただけると思います。

まれにですが、御朱印が無いという神社さんもあります。

初穂料(納めるお金は?)

御朱印をいただく時に納めるお金(代金)はだいたい「300円」です。ただ、神社によってはお気持ちなのでいくらでも構いませんといったところや、「500円」だったりするところもあります。

何も書いてなかったり言われたりしなければ300円を納めておけば問題ないでしょう。

あらかじめ小銭を用意しておくと良いと思います。

注意点は?

よく言われることですが、御朱印は参拝の証としていただくものですので、いただく際はきちんとお参りをしましょう。また、スタンプラリーとは違いますので 粗末に扱ったりすることのないように注意しましょう。

また、あたりまえですが、メモ書きやノートなどにいただくことはしないようにしましょう。きちんと御朱印帳を用意したほうが良いです。

御朱印帳を手に入れよう

大きな神社さんになると、御朱印帳というものを購入することができます。

ジャバラになっている物がほとんどで、こちらに御朱印を押してもらいます。

だいたい1000円ぐらいからあります。神社オリジナルデザインの御朱印帳もあるのでお参りの際にいろいろ見てみるのも楽しいかもしれません。

御朱印帳を忘れても大丈夫?

御朱印帳を忘れても神社さんによっては紙にあらかじめ書いたものが用意されていて、そちらをいただくこともできます。帰宅してから御主因帳に貼り付ければ大丈夫です。もちろんそのまま大切に持っていても構いませんが。

「御朱印帳を忘れてしまったのですが、紙にいただくことはできますか。」などと言えば手馴れた神社さんではさっと対応していただけると思います。

ただ、神社さんによっては御朱印帳にしか書いていないという神社さんもありますので注意が必要です。

神社とお寺は分けたほうがいいの?

神社とお寺の御朱印は分けて別の御朱印帳にしたほうがいいの?なんて質問をみかけます。

ほとんどの意見は「あまり気にしなくてもよい」という意見なのですが、まれに一緒にしてはいけないという人もいます。 管理人としては神仏習合といって神様と仏様が一緒になっていた時代もあるのですから問題無いと思います。

また、分けたほうがきっちりしているからと神社用とお寺用でそれぞれ御朱印帳を持っている人もいます。好みでどちらでも良いと思います。

 

↑ ページの上部へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • 神棚の人気ランキング
  • ↑ PAGE TOP