お札の祀り方やいろんな神棚の紹介をしていきます。

神棚の向きについて

神棚の祀り方のページでも紹介していますが、神棚の向きについて検索して当サイトへ訪問してくださっている方が多いようですので再度考えてみたいと思います。

基本は南か東を向ける。それはなぜか。

方角

図のように北側か西側の壁に神棚を設置して南か東を向くようにします。

神棚や神社に関することは決まった形がなく、それぞれいろんな見解があったりすることが多いですが、神棚の向きに関しては、南か東を向けるのが良いという見解がほとんどだと思います。

なぜ、南か東を向けるのかというと、それは太陽の光がよく当たるということが挙げられます。

南は最も太陽が高い位置にくる方角で明るさを象徴する方角と言われています。神棚は神様をお祀りするものであり、失礼の無いように明るく清浄な場所にお祀りするものですから南を向けてお祀りするわけです。

東に関しても太陽が昇る勢いがある方角とされていますので、こうした理由から東を向けてお祀りします。

全国の神社もほとんどが南か東を向けて建てられています。

絶対に南か東を向けて祀らなければならないのか?西向きは?

かといってお家の構造の都合からなかなか南か東を向けて神棚をお祀りすることができないという人もいますよね。

神棚は必ず東か南を向けて祀らなければならないというわけではありませんので、やむを得ない場合は西や北向きでもかまいません。(もちろん南か東を向けてお祀りできるならばそうようにしたほうがよいと思います。)

※北東、南西向きは鬼門、裏鬼門にあたることから良くないという考え方もあります。逆に鬼門を守ってもらえるから良いといったような意見もみかけました。

ただ、もともと神棚を祀ることの意味を考えると、神棚は神様をお家にお迎えし、感謝の祈りを捧げたり、家族を見守っていただくということが目的です。

あれこれと難しく考えて悩んだり、お家の部屋に不便が生じてしまうよりは、その気持ちを、きちんとお供え物を替えたり、神棚をきれいにしたりするといった神棚を明るく清浄な場所に保つことのほうに向けたほうがよいと思います。

↑ ページの上部へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • 神棚の人気ランキング
  • ↑ PAGE TOP