神棚を処分するには

神棚の処分の仕方について

神棚の処分の仕方ですが、まだお札をお祀りした状態の場合は神社の神主さんに来ていただいて神棚のお祀りをやめるための式を行っていただくのが一番丁寧だと思います。

地元の神社さんや近くの神主さんが常駐していらっしゃる神社さんに連絡をして、式が出来るかどうかや、可能ならば準備するものや玉串料(神社にお納めするお金)、日時はいつが良いかなどを打ち合わせます。

式を行っていただいた際に神主さんに神棚はどのようにしたら良いのかを伺うと良いでしょう。

なかなかそこまでできないという方は、お札と同様に神社の納札所(のうさつじょ)に持って行って納めるという方法があります。納札所とは古いお札やお守りを納めるための場所です。神主さんが常駐していらっしゃる神社さんならほとんどの神社さんにあると思います。

ただ、神社さんによっては神棚に関しては別途、お焚きあげ料などをお納めする必要があったりしますので事前の確認が必要です。地元の神社さんがわかれば電話で問い合わせてみると良いでしょう。

また、各都道府県には神社庁という機関があり地元の神様である氏神様を知ることができるので問い合わせてみるのもいいかもしれません。

神社庁の一覧はこちら

神棚以外のお皿や瓶子などについて

お皿や瓶子(へいしと言う。お酒の入れ物)などは燃えないので納めることができない場合が多いと思います。

神棚にお供えしていた物ということで気になる方がいらっしゃるかもしれませんが、お札やお守りではないので、私個人の意見としてはそのまま家庭で処分しても問題ないかと思います。

神社の納札箱などに勝手に入れると神社の方が困ってしまいますので、処分の仕方がわからないからといってそのような行為はしないようにしてください。(ルールを守らず、指定以外の物を納めるほうが神様に対して失礼なにではないでしょうか。)

多くの神社さんでもお皿などはそのままゴミとして処分してかまわないと言われると思います。

↑ ページの上部へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • 神棚の人気ランキング
  • ↑ PAGE TOP