神無月に神社に参拝しても意味はないのか?

神無月について

10月

10月は昔の呼び方でいうと神無月(かんなづき)と言います。

この神無月、島根県の出雲大社に神様が集まって会議をされるので出雲では「神有月」というそうです。これを受けて、10月は神社に神様がいらっしゃらないからお参りをしないという人もいるそうなのですが、果たして本当にそうなのでしょうか。 (ちなみに旧暦で考えるならば現在の11月半ば~12月頭ぐらいになるようです。)

神様は留守なのか

留守

結論から言ってしまえば神様が留守ということはありません。

理由としては

・10月は神社で多くのお祭りが行われ、伊勢神宮では神嘗祭という新穀に感謝するお祭も行われるので神様がいらっしゃらないのであればこうしたお祭りを行うはずがない。

・神無月の「無」は「の」を意味する助詞であり、神様の月であるという意味であるため。(6月の水無月も同様に水の月という意味があるそう。)

ですから神無月だからといって神社にお参りしても神様が留守なんてことは無いわけです。

分霊、勧請という観点から

これまでの理由だとちょっと弱いな・・・なんて思っている人には別の視点からご説明させていただきます。

昔から人々は神様のお御霊を分けていただいて別の場所にも神社をお祀りするということを行ってきました。有名な鎌倉の鶴岡八幡宮は源頼朝が京都の石清水八幡宮から神様をお招きして創建されましたし、長野県の諏訪大社などは全国に諏訪神社がお祀りされています。

こうして考えてみると同じ神様が全国のいろんな場所にいらっしゃることがわかると思います。

ですから仮に神無月に神様が出雲に集まっていらっしゃるとしてもそれぞれの神社にも神様がいらっしゃるのではないでしょうか。

神主さんに聞いてみた

さらに神主さんにも神無月のことについて聞いてみました。私が聞いた神主さんは、「神社の御神体は神様と通信するためのものだと考えています。ですから神様が出かけられているとしてもご祈願ができないわけではないと思います。」とおっしゃっていました。

神社には神様が宿るとされる物が本殿にお祀りされているわけですが、こうした物を通して、見えない存在である神様にお願いや感謝をしているというわけです。

もともと神社の信仰は自然への感謝からはじまったとされる面があり、神社の建物は仏教の影響を受けてできたなんて言う人もいます。ですから、神社の建物自体に神様がいらっしゃるのでは無く、そうした物や神社の自然を通じて神様を感じるということが大切なのではないでしょうか。

↑ ページの上部へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • 神棚の人気ランキング
  • ↑ PAGE TOP