神棚を窓の近くにお祀りしても問題ないのか

神棚の位置は窓の近くでも大丈夫なのか

神棚 窓

神棚をお祀りする位置を考えたときに、窓の上にお祀りすると良くないという話を聞かれたことはあるでしょうか。

結論から言うと、他にお祀りできる良い場所があればお祀りしないほうが良いがその場所しかなければやむを得ません。

他に良い位置が無ければという条件付きですが、窓の上の部分に神棚をお祀りしても大丈夫でしょう。

普段のお参りをきちんとすることが大切です。

なぜ窓の付近がいけないのか

いろいろと意見があることとは思いますが、

窓を開け閉めするので神棚のまわりでバタバタしてしまう。

という点が挙げられます。

神棚のすぐ近くで騒がしくしては神様に失礼にあたりますよね。よって窓の上に神棚を設置するのはあまり良くないというわけです。

といっても神棚をお祀りする際に全ての条件が整った完璧なお家というのはそうそうありません。

もし、やむを得ず窓の付近に神棚をお祀りすることになった時は、可能ならば「窓の開け閉めをしないようにする。」、窓を開け閉めするときは「他の窓の時よりも丁寧に、静かに行うようにする。」といった対策を講じて神様に失礼の無いよう心がければ良いかと思います。

通路の上も同様に考えればよいかと

通路の上に神棚を祀る場合も同様の考えでよいのではないかと思います。

もちろん他の場所にお祀りできるならば通路の上も避けたほうが良いと思うのですが、どうしてもその場所しか無い場合は前述のように「神様をお祀りしていること」を意識して通行するようにしましょう。

↑ ページの上部へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • 神棚の人気ランキング
  • ↑ PAGE TOP