新嘗祭の意義

新嘗祭とは?

稲

みなさんは新嘗祭(にいなめさい)という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。

新嘗祭とは2月に行われる祈年祭と対になるお祭りで。その年の五穀の実りに感謝を捧げるお祭りです。毎年11月23日に行われています。

「新嘗」 とはその年の新しい穀物を食するという意味があるそうです。穀物をお供えして収穫の感謝をするとともに、その穀物をいただいて、食べ物の大切さを再認識する日であるともいえるかもしれません。

みなさんも神社にお参りしたり、神棚に新穀をお供えしたりして、食について考えてみるのもいいかもしれません。

新嘗祭の歴史

新嘗祭は飛鳥時代に始められたと伝えられているようです。現在は食に困るということはあまりありませんが、昔は一年の大切な蓄えとなるということで大きな意味があったのでしょう。

その後、一時中断したようですが江戸時代に復活したそうです。

また、明治6年からは「新嘗祭」として祝日でありました。現在は「勤労感謝の日」となっています。

神嘗祭

宮中と伊勢神宮ではこれより一月ほど前に神嘗祭(かんなめさい)というその年の初穂を神様にお供えする儀式が行われています。(もちろん新嘗祭も執り行われますが。)

「神嘗」は「神の饗え(あえ)」が変化したものだとか。饗えは食べ物でおもてなしをするという意味があるそうです。

また伊勢神宮ではこのときに装束や祭具を新しくするので神宮の正月とも言われているようです。

新嘗祭と神嘗祭の違いについて

神嘗祭と新嘗祭の違いですが、神嘗祭は「神様にお供えする」のに対して新嘗祭は「神様にお供えするとともに、自らも食す」といった違いがあると言われているのを目にします。

新嘗祭は神様への収穫の感謝とともにパワーをいただくといった意味もあるのかもしれません。

大嘗祭について

天皇陛下が即位後はじめて行われる新嘗祭のことを大嘗祭といいます。よみは音読みで「だいじょうさい」と読むことが多いようですが「おおにえのまつり」とか「おおなめのまつり」とも言うようです。

↑ ページの上部へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • 神棚の人気ランキング
  • ↑ PAGE TOP