神社と六曜

神社のお参りや祈願に六曜は関係があるのか

神社でのお宮参りや、地鎮祭、上棟祭などで六曜(大安や仏滅、先勝など)を気にする人ってたくさんいますよね。やっぱりこうした祈願などを行う際は六曜を気にしたほうが良いのでしょうか。

神社で神様にお祈りをするのに、どの日が良くてどの日が悪いというのはありません(神主が常駐している神社では「日供祭」と言って氏子さんや崇敬者さんや地域の発展をお祈りするご祈願をしています。)ので特に気にしなくては良いとは思いますが・・・

まず、六曜の日本での普及について考えてみたいと思います。

六曜の普及

六曜はもともと中国で起こったもので、広まったのは江戸時代末とか明治時代と言われています。

(暦に占いのたぐいを記すのが禁止されていたが六曜はマイナーすぎて規制されていなかったので暦に記すことができたという話も)

この頃から暦に記されるようになり、一般に普及していったと言われています。

一応それぞれの意味を載せておきます。

先勝(読み方:せんしょう、さきがち など)
先んずればすなわち勝つといった意味で物事を行う際は午前中が吉とされています。

友引(読み方:ともびき)
昔は勝負事が引き分けになる日といった意味があったようですが、現在では「友を引く」といった意味になっているようです。おめでたいことを行うには良い日、葬儀などは友人など周りの人も引っ張ってしまうということで良くないという考えが浸透しています。
時間だと朝と晩が吉で正午が凶といわれています。

先負(読み方:さきまけ、せんまけ など)
先んずれば負けるという意味です。勝負事などは避けたほうが良いといわれています。
午前中は凶、午後は吉といわれています。

仏滅(読み方:ぶつめつ)
仏も滅ぶ日として何事もうまくいかない日といわれています。もともとは全てが虚しいとして「物滅」と書かれていたようで、仏様は関係がないようです。ほとんどの物事は慎む日ですが、お葬式は仏滅でも行います。

大安(読み方:たいあん、だいあん など)
大いに安しという意味で何事も吉とされる日です。お宮参り、地鎮祭や上棟祭を行う際にはたいへん好まれる日です。

赤口(読み方:しゃっこう、じゃっこう、せきぐち など)
「赤目日」という陰陽道の凶日に由来するそうです。何事もするにも悪い日といわれているようですが、正午にかかる時間帯は吉とされています。(午の刻なので午前11時から午後1時の間でしょうか。)

六曜の順番

特に気にしたことが無いかもしれませんが六曜には割り当てのルールがあります。

先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口という順番に毎日割り当てられています。

ただ順番が変わる日があり、旧暦の1日変わるようになっています。

旧暦の

1月1日 先勝

2月1日 友引

3月1日 先負

4月1日 仏滅

5月1日 大安

6月1日 赤口

7月1日 先勝

といった具合になっていきます。

月のはじめに変化する以外は同じルールで割り当てられていきます。

結局、神社にお参りしたりするときは気にしたほうがいいの?

六曜の歴史を考えると、普及したのは比較的最近のことでもともとは神社とは関係ないものですのでそこまで気にする必要はないかと思います。

(ただ、歴史的に神社は外部の影響を受けたり取り入れたりしながら歩んできたということを考えると、六曜のことを考慮したほうが良いという考え方もあります。)

自分のスケジュールを考えて、時間に余裕を持ってお参りできる日で六曜でも良い日があればその日に。六曜で良い日を選ぶとスケジュール的に神社へのお参りがせわしくなってしまったりバタバタしてしまうようであれば六曜の吉日でなくても落ち着いてお参りできる日にすれば良いかと思います。

・ベストは落ち着いて神様に祈願や感謝を申し上げられる日で尚且つ六曜で吉とされる日だが、六曜を意識してスケジュールがバタバタしてしまうようならそこまで気にしなくても良い。

というのが私の考えです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • 神棚の人気ランキング
  • ↑ PAGE TOP