七夕の意味と由来

七夕の意外な由来

七夕

毎年7月7日の七夕というと織姫と彦星の話を思い出しますよね。

織姫と彦星という男女が夫婦になったものの仕事そっちのけで遊んでいたので、神様が二人を離れ離れにして、「まじめに働くなら1年に1度だけ会うのを許そう」と言ったその日が7月7日だという話です。

でもこのお話以外にも七夕の由来があったのです。

今回はちょっとそうした由来を載せてみたいと思います。

棚機(たなばた)

機織

日本の昔の行事の中で女性が着物を織ってそれを棚にお供えし、神様に穢れを祓ってもらったり、豊作をお祈りしたりする「棚機(たなばた)」行事があったそうです。

選ばれた女性が神様のために機織りで心をこめて着物を織ったのだとか。

機織りをして着物を作りそれを棚にお供えするので「棚機」というのでしょうか。

七と夕の字でたなばたと読むのは この「棚機」から来ているといわれています。

乞巧奠(きこうでん)

ちょっと織姫と彦星の話とかぶってしまいますが、中国の行事として、織姫の星にあやかって機織りや裁縫がうまくなるように祈願をする行事があるそうです。

祭壇に、裁縫なら針を供えて祈るのだとか。これがやがて芸能や書道の上達の祈願もされるようになったそうです。

短冊に願いを書いてお祈りするのはここから来ているのかも知れません。

日本ではいつごろから七夕がはじまった?

日本では平安時代に宮中の祭祀として七夕が行われるようになったようです。

アワビなどいろんなお供え物をして星を眺めたり曲を奏でたりして楽しんだそうです。

だんだんと庶民の間に広まっていったのは江戸時代で、このころになると一般庶民も野菜や果物をお供えして短冊に願い事を書いて祈願するようになりました。

ちなみに短冊の色は中国の五行説(この世のものは木・火・土・金・水からなりたつ)の影響から緑・赤・黄・白・黒となっているようです。

現代の神社と七夕

現代では神社にもよりますが、七夕まつりを行っている神社さんもたくさんありますね。

縁結びで有名な京都地主神社さんや貴船神社さん。東京だと神田明神さんや東京大神宮さんで七夕の行事が行われているようです。

大きな神社さんなら行事を行っている神社さんが多いみたいなので、七夕に合わせて神社にお参りしてみるのもいいかもしれません。

↑ ページの上部へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • 神棚の人気ランキング
  • ↑ PAGE TOP